九宝珠八大龍王 

今回は八大龍王と九つの宝珠をモチーフに描いてみました。
Tシャツ用にと思って描いていましたが、サイズがかなり大きくなってしまい。
Tシャツ用には厳しいかもしれません。

ポスターなどの大判にプリントすると迫力のある感じになるかなと
色々考えていますが、龍の部分についてアップします。



モチーフの八匹の龍は各一つづつの宝珠を持っていますが、上部の二匹については、もうひとつの宝珠を中央で掴んでいます。
この九つの宝珠は、九字を意識して九つの宝珠を持たせてみました。

■八大龍王とは
天竜八部衆に所属する、難陀(ナンダ)跋難陀(ウパナンダ)娑伽羅(サーガラ)和修吉(ヴァースキ)徳叉迦(タクシャカ)阿那婆達多(アナヴァタプタ)摩那斯(マナスヴィン)優鉢羅(ウッパラカ)の竜族の八王をさします。特にその中でも娑羯羅が雨乞いの神として深く信仰されており、弘法大師が京都神泉苑で八大竜王に祈って雨乞いをし、雨を降らせたという話が残っています。

■九字とは
道教を源とする「臨・兵・闘・者・皆・陣・裂・在・前」の9文字から成る呪術などに用いられる言葉です。